時々ある企画ですね、未来の番付。
ドキドキしますねー。
時々聞かれます。「次は誰が横綱になる?」
数年前は正直何とも言えませんでしたが、
今は期待の力士が結構います。
今日はそんなお話です。

私としても数年前に思っていた上位陣とは、
だいぶ違う現在になっています。
正直なところ、照ノ富士がとっくに横綱になり、
逸ノ城と共に次のモンゴル時代を作っていると思ってました。
まさかの怪我、そして逸ノ城に至っては存在感が・・・。
結局上位陣は、大きな入れ替わりはせず、
4横綱時代に突入しています。

次の時代を担う力士。
まず期待したいのは豊山
部屋には正代という稽古相手もいますので、
切磋琢磨して最低でも大関にはなって欲しいですね。

そして貴源治
素質を感じさせる若者。
兄弟揃うと、若き日の親方を思い出します。
目指せ3代目貴乃花!

現在上位にいる力士だと、
やはり正代御嶽海
ただし勢いのあるうちに上がらないと、
学生出身特有の関脇止まり現象の予感が・・・
三役定着、うまくいけば大関取りの
声を聞きたいのが貴景勝

そしてそして
超大器だと思っていたのですが、
何だか幕内下位に低迷しています。
早く上位でとって欲しいです。

もっと下の力士では、
 琴鎌谷には期待したいですよね。
お父さん関脇、お爺ちゃん横綱
結構プレッシャーですが・・・
外国人初のアマチュア横綱と、
二人目の学生横綱に輝いたトゥルボルド
部屋が小さいので稽古相手が心配ですが、
どこまで行くか期待ですね。

期待したい力士は他にも沢山いますが、
まずは彼らに頑張って欲しいところです。

最も横綱に近いのはもちろん照ノ富士
横綱になれる逸材なので、膝の完治を祈ります。
把瑠都のようになりませんように。

image



益々土俵が楽しみです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

クリックお願いします。