あのインタビューを見ている時、
「神送りの儀式前に大丈夫なのか?」
と思ったのですがやはり問題になりましたね。

今回の処分に関しては、重い軽いはさておき、
協会の対応が遅すぎます。
正直いまさら?という印象です。
注意するのであればすぐ動くべきでした。
世間に言われて仕方なく動いた感が満載です。

「何か言うことはあるか?」と聞かれ、
私だったら「今さらですか?」と答えてしまいそうです。

ここ数年、ネットなどを中心に協会への厳しい意見を見ます。
テレビなどが面白おかしく報じるバイアスも多々あると思うのですが、
全ての根源は「対応が遅い」「はっきりしない」この2つだと思います。

白鵬に関する、土俵から降りない・万歳三唱・三本締めなども、
横綱としての権威や責任などを感じるのであれば、
即日処分を行えばいいのです。

個人的には、意見を調整して無難な落としどころを探す、
政治家などの不祥事における会見のように思えます。

以前、八角理事長は上の人に可愛がられる
という話を聞いた事があります。
それも一つの才能です。
しかし今は一番上にいるわけで・・・
「英断だ!」と賞賛されるリーダーシップを願って止みません。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。